スタンピンアップ・ジャパン公認デモンストレーター     東京・神奈川スタンプ・カードメイキング&コピックアート教室

アトリエくらら

コピックアート

 

日常のなにげない風景や、旅先で出会った風景、そんな一コマを写真に撮る方は多くいらっしゃいます。

 

もちろん私もそのうちの一人です。

 

そして撮った写真を見返してみて、その瞬間を思い出したり、その時の気持ちに戻ったり、家族・友人と一緒に写真を見て、思い出話をしてみたり、楽しいひと時ですよね。

 

そんな一コマの風景写真を、アルコールマーカ・コピックを使い、ご自分で描いてみませんか?

 

絵を描くのは苦手、デッサンもできないし、

絵心がないから・・・と、

そんな心配はありません

「コピックアート」コピックで描く風景画は

写真を元に線画にしてコピック色を重ねていきます

いわば「大人の塗り絵」です

アルコールマーカー・コピックは使ったことがない、

又はイラストレーターや漫画家さんが使うもの・・・

と思われがちですが、実はそうでもないのです

重ね塗りやグラデーションが簡単にでき

ちょっとしたコツを覚えたら

風景画も描けるようになるんです

初めて私が「コピックアート」に出会ったとき

コピックは風景画には向かないのでは?と思いました

半信半疑、どうやって描くのだろう?と思いながら

描き方を教わっていくうちに

自分でもびっくりするくらいの出来栄えの

風景画が完成しました

でも、誰にでも描けるのです

もともと、下絵があるのですから・・・

塗り方のコツ、それさえ覚えてしまえば

誰にでも、子供からお年を召した方まで

紙とペンがあれば出来てしまいます

実際に高齢者施設でもコピックアートを

取り入れているところもあります

準備や後片付けも楽々、

入院先のベッドの上でも描くことができます

そして描いた絵を飾ったり誰かに見せたり

そこから家族の会話が生まれたり

友達と思い出話に花を咲かせたり

コピックで幸せな時間を作ることができるのです

プロ御用達と思われがちですが

そうでもないのがお分かりいただけますか?

386色もあって選べない、揃えたら高価そう・・・

そう思った方もいらっしゃるかもしれません

コピックアートでは、風景画に向いた36色で描いていきます

インクがなくなってもバリオスインクという補充液があり

筆先が傷んでもご自身で交換することができます

実はコストパフォーマンスに優れているのです

コピックアート教室では

年に一回作品展も開催しております

はがきサイズの絵から大きなサイズの絵まで

幅広い年齢層の方がコピックアートを楽しんでいます

更新日:

Copyright© アトリエくらら , 2019 All Rights Reserved.